リサイクルショップ、高査定の家具は?

リサイクルショップ、高査定の家具は?

リサイクルショップに家具を売る前に

どんな家具が高査定なのか

模様替え、引越といったタイミングで家具を処分しようと考える人は多くいます。家具は大きい物ですから、売るにしても捨てるにしても、何かと面倒くさいと考えがちです。ひとくちに家具と言っても、すべての家具がリサイクルショップの買い取り対象ではありません。一般的に中古でも売れやすい家具は、テーブルや食器棚のように人の体があまり触れない物が多いようです。これは人間の心理的な影響だと考えられます。
 
その辺りを理解していないと、査定をお願いしても引き取りを拒否された挙げ句、廃棄する手数料まで取られてしまったなどということになりかねません。高値で引き取ってもらうためには、リサイクルショップ側が「欲しい」家具であることが大切です。では、そのリサイクルショップが欲しい家具とはどんな家具なのでしょうか?
 

ブランド家具は高査定

家具の世界にも人気のブランドがあります。国内ブランド、海外ブランドともに、ひじょうに人気のブランドがいくつかあり、このようなブランドの家具は中古としてもある程度高い値段で取引されています。このようなブランド家具であれば、多くのリサイクルショップで、高い査定額が得られるでしょう。
 
MASTERWAL(マスターウォール)
マスターウォールは1961年創業の「アカセ木工」が所有する高級家具ブランドです。「ウォールナットを極める」という意味で名付けられたブランド名が示すとおり、このブランドの家具は、基本的に無垢のウォールナットを使用して作られます。ベッドや収納家具、ソファ、チェア、ベンチ、テーブル、机などの製品を展開しています。100年後のアンティークを目指す物作りがモットーの、日本を代表する高級家具ブランドです。
 
Karimoku(カリモク)
カリモクは、1947年創業のインテリア専門メーカーです。日本国内では最大手の家具メーカーで、収納家具やベッド、勉強机、ソファ、テーブル、チェア、ダイニングテーブルなどを製造しています。生体工学や最新技術を導入しながらも、素材、ユーザーフレンドリー、そしてハンドメイドにこだわっている家具ブランドです。
 
飛騨産業
キツツキのブランド名で知られる家具メーカーで、1920年創業。約100年の歴史を誇ります。会社名からも分かるとおり、岐阜県高山市(飛騨地方)の伝統工芸の技術を継承した物作りをしています。イタリアの有名デザイナーとのコラボレーションなど、新しい挑戦にも積極的な家具ブランドです。
 
Cassina(カッシーナ)
イタリア・ミラノ発の高級家具メーカー。1927年創業という長い歴史を誇ります。豪華客船のインテリアを手がけるなどして成長したブランドは、モダニズム建築の有名なデザイナーによる家具コレクションを復刻するなどして、その名を世界に知られるようになりました。
 
B&B ITALIA(ビーアンドビーイタリア)
こちらB&B ITALIAもミラノ発の家具メーカーです。卓越したデザイン性、高品質素材、高度な技術をインテリア家具に注ぎ込んだ物作りをしています。「B&B ITALIA」と「MAXALTO」というコレクションを展開しています。
 
ARFLEX(アルフレックス)
1951年創業の家具メーカーで、クオリティーの高い快適な家具を生み出します。家具は「生活の道具」であり、長く使える、息の長い商品作りにこだわっています。
 
以上のようなブランド家具であれば、高価査定の可能性が高まります。イタリアの家具は特に人気があるので、持っている方は、一度、査定をお願いしてみてもいいかもしれません。
 
ブランド家具は、使用年数や現在の状態等、さまざまな点が考慮され、買い取り価格が決定されます。ブランド物だからといって、すべての家具に値段がつくとは限りませんが、買い取り相場はノーブランド商品よりも圧倒的に高くなっています。

【滋賀】ロレックス買取

滋賀家電・ブランド出張買取

滋賀酒買取

滋賀工具買取 

滋賀金買取


 

新着ページ